--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年07月28日

いや、ほら、暑いし、ね。

なんとなく、退屈な時、こう、口をすぼめて、
煙草のけむりを輪っかにしてはきだしたことがありますか?

ふわっと綺麗な輪が出来るとちよっと嬉しくならないですか?

嬉しくなって人に見せたくなりますよねぇ。?

ゆっくりと形を変える煙を見ていると、
なんだかつまらないことはどうでも良くなりますよねぇ?

良く晴れた昼下がりなんかにこれやると、
ちょっと平和な気分になりますよねぇ?

紹介したいのは、石黒猛さんという方の『スモークリング』というインスタレーションで、青空にボンッと上がる大きな煙が大変気持ちE、
なんだか寝っ転がって見ていたい作品。

こちらで、スモークリングの動画や色々な作品が見れます
http://www006.upp.so-net.ne.jp/t_ishiguro/index.html

オレはこういう物を作る人、好きだな。


もっと好きなのはこいつら(笑)

http://www.youtube.com/results?search=smoke%20ring



のたりのたりかな・・・・・



スポンサーサイト
カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月27日

Venetian Snares



Venetian Snares- Szerencsétlen
・・・・ぶっとびすぎ(笑)

Venetian Snaresの紹介ページ・・・・・・・流血(笑)
http://www.planet-mu.com/artist21.html


YOU TUBEに、Find Candaceのクリップもありました。


...こちらはグロ過ぎです


酷いです・・なにを考えてるんでしょうか、この人は。



今話題のlast.fmのページ(笑)
http://www.last.fm/music/Venetian+Snares

Songs About My CatsThe Chocolate Wheelchair AlbumCavalcade of Glee and Dadaist Happy Hardcore Pom Poms





カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (24) トラックバック (0)

2006年07月27日

Pain Station 2




Pain Station 2
http://www.painstation.de/

ドイツのメディアアート集団、/////////// fur ////による「負けるとお仕置きされる」ゲームマシーン。
/////////// fur ////のHP
http://www.fursr.com/

左手を筐体におき、右手で簡単なゲームをプレイ、負けると熱や電撃、鞭など、
痛ーいお仕置きが加えられる仕組み。
ゲームを妨害する目くらましフラッシュライトなども備えられている。

本当に痛そうなTRAILERはこちら、
(本当に痛そうなので苦手な方は見ないで下さい。)
http://www.khm.de/~morawe/painstation/ps_movie_hi.html

遊ぶ前の注意事項に、
本当に痛みを伴い、怪我をする危険があります。
美術作品として、自己責任で体験して下さい。と書いてある。

横浜ZAIM別館、ヨコハマEIZONEの「YOKOHAMA WONDER ROOMで公開中(30日まで)
http://www.creativecluster.jp/CClog/archives/2006/07/eizone.html

これずっとやってたら、ゲーム、嫌いになるかも・・・


カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2006年07月26日

The weeping travel

Tender PreyFrom Her to EternityLet Love In

Henry's DreamMurder BalladsBreathless/There She Goes My Beautiful World


Nick Cave は、あきっぽいオレが、ずるずると追いかけているミュージシャンの一人で、暴力、憧憬、失望、混沌、混乱、自虐、を一塊にまとめて人間の形にして、失望、諦観、執着、逃避、激情、を喉に貼付けて償いの歌を歌うような男だと思っている。

歌詞も非常に文学的で、旧約聖書や、神話、をモチーフにした曲も多いが、
この男が歌うからかなわない、救いようがない激情を無防備に眉一つ動かすこと無く歌い上げるので、聞いているこっちがたまらなくなる。
初期の作品に、The Mercy Seetと言う曲があるのだが、これは裁きをうける直前の死刑囚が訳の分からない独白をしている歌で、オレは一時期この曲ばかり聞いていたのを憶えている。

最近のNick Caveは、過去の荒々しさが無くなったとも言われているが、
オレは最近の彼の宗教的な、一見平静にも聞こえる曲の中に、何かドロドロとした
諦めと緊張感のようなものが漂っているような気がしてしょうがない。

この男の長くて辛い旅は、まだ終わっていないような気がする。

you tubeに動画が幾つかあったので、興味のある方はこちらからどうぞ、
驚いたことに、Birthday Partyの映像もあった。





カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月26日

Last.fm




アカウントだけ取ってずーっと放っといたのだが、

気がついたらいつの間にかLast.fmのサイトが日本語になっている
そういえば、エキサイトと提携するなんていってたっけ。

今更なのだが、Last.fmは、音楽に特化したイギリスのSNSで、ユーザーがパソコンやiPod上で再生した楽曲の履歴データを蓄積し、そのデータを元に、自分のラジオステーションを作ったり、自分自身の音楽ランキングやお薦め楽曲リストなどの情報を提供してくれるサービス。

又、Last.fm playerを使えば、自分の好きなアーティスト名を入力するだけで、
Last.fm側で自分好みの音楽を探してストリーミング再生してくれる。
再生された曲が気に入ったらplayerに付いているハートマークをクリックすれば、
自分の好みがさらに絞りこまれると言う仕組み。

自分のブログなどに今聞いている曲やチャートを貼付けることもでき、オレはこの機能が気に入ってアカウントを取った。

オレは自分のプロフィールに画像を入れないでいたのだが、Last.fm側に『ちょっと、この写真はあんまり格好よくないね。変更したらどうだろう?』と言われた。
・・・・・・・大きなお世話だ(笑)


『頼りになるのは、やっぱり友達、あなたは、Last.fmに友達がまだいません。他の人が何を聴いているか見たり、おすすめを受け取ったりする最高の方法ですよ。』
とも言われた。
・・・・・・・大きなお世話だ(笑)


http://jp.last.fm/

追記、
現在、日本語サイトからLast.fm Playerをダウンロードすると試聴機能がないアプリで、 日本でのラジオサービスは秋頃になるそうです。
・・・・なんだそりゃ。
以前からのLast.fm Playerは普通に聞けます。
これからの人はLast.fm Playerは、リンク先の左下、Browse Last.fm inをEnglishにして、英語サイトからダウンロードして下さい。

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月25日

だそうです。(そのうち泣いたりすんのかな)

まずこちらをご覧ください。

http://robot.watch.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/2209-93-2-1.html

これ、ロボットだそうです。

Geminoid(ジェミノイド)と言うそうです。

ATR知能ロボティクス研究所客員研究員で大阪大学教授の石黒浩氏と生き写しのロボットだそうです。

皮膚表面はシリコンゴム製で、エアーコンプレッサーで駆動するそうです。

人間とアンドロイドの存在感についての研究だそうです。

自然なコミュニケーションを行なうために操作は遠隔操作で行なわれ、
石黒浩氏本人の情報を元にロボットの仕草や声などを少しずつ変えて石黒氏自身の家族を含む人々と対面させて、反応を計測し、ジェミノイドに存在感を与えていくそうです。

石黒氏は自分自身では気づかない癖なども客観的に見ることができるようになったらしく、「内面と外面、身体と心を分離することは可能ではないか」と述べているそうです。


人間にきわめて近いロボットは人間に不快感を起こさせるそうです。
人間に近い為、逆に非人間的特徴の方が目立ってしまうからだそうです。
これを、ロボット工学上の概念で『不気味の谷現象』と呼ぶそうです。


アンドロイド繋がりで、なんとなくこれ、見たくなりました。

Bjork - All is Full of Love



関係ないけど、今日は蒸し暑いですね。



カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月25日

なんだかねぇ



・・・・・なんか壁、のぼってます。

これがさらに小型化されてカメラがついたら立派なスパイロボットになる訳で。

もっとびっくりしたのはアメリカのDARPA(米防衛高等研究画局)で、
大真面目に研究している超小型飛行体NAV (Nano Air Vehicle)

こちらで画像がみれます

松の種をヒントに作られたこの物体は重さ2グラム、1枚羽根でヘリコプターのように回転しながら約1キロを飛び、撮影した映像を無線でコンピューターに送信するそうだ。

カメラ無線とロケットエンジンで重さ2グラムって・・・・

なんだかSFっぽい話だが、DARPAって確か米国防総省の研究開発部門で、インターネットの原型を開発した所だ。この機関なら実現してしまいそうで怖い。

DARPAは30cmのコンクリートの壁を透視するレーダースコープなんて物も開発していて、これとNAVが組合わさったらこれはもうプライバシーもなにもあったもんじゃないな。

ISIS(Integrated Sensor Is Structure)という高度2万メートル以上の上空を航行し、空から都市全体を見張る計画もあって、ISISを利用すれば、見張っている建物から出てきた人物を追跡し、次にどこに行くかを把握できるそうだ。

詳しくはこちらで、
ほとんどSF、『DARPAテック』の未来構想


テロ対策なんでしょうけど・・・・

なんだか凄い世の中になったものです・・・・・・





カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月21日

こっちの方が好きだな、



最近、クリス カニンガムの新しい PV、(The Horrors - Sheena Is A Parasite)
が話題になっていましたが,



この人、こんなの作ってたのね。


これは初めて見ました。


unreleasedとのことですが、いつ頃の作品なんでしょうか


犬が可愛い・・・


追記、10月30日、

コメントでご指摘を頂きました。

この映像の監督をしたのは、長くクリスの仕事に関わってきたAlex Rutterfordという方だそうです。

お詫び申し上げます。

コメントを下さった方は、
how for is too far? というカニンガムのfanブログをなさっています、大変興味深いのでぜひご覧になって下さい。

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2006年07月20日

マイクロチップは人間の夢を見るのか

米Cyberkinetics社が2004年から開始している、『BrainGate』の臨床実験が成功したらしい。

Cyberkinetics社は、神経信号の検出と解析を行っていた科学者が2001年に設立した企業で、BrainGateは重度麻痺患者の運動にまつわる脳の信号をコンピュータインタフェースを用いて脳から直接外部に出力し、患者のコミュニケーションやコンピュータ操作に役立てることを狙いとしているそうだ。

CyberkineticsのHPでdemoが見れます。

http://www.cyberkineticsinc.com/content/index.jsp

実験に参加した25歳の男性はコンピューターに信号を与える為の 100の電極を持つ2mm×2mmのチップを脳内の運動皮質領域に埋め込む手術を受けた後、トレーニングを受け、考えるだけでパソコン画面のカーソルを操作したり、電子メールを開いたり、ロボットアームの操作実験にも成功したそうだ。

これはまるで甲殻機動隊の電脳じゃないですか
この技術、実用化されたら凄いと思いますが本当に大丈夫なんでしょうか、
もちろん安全性を考慮して研究は進められているのだろうけど脳なんてデリケート
な部分にチップを埋め込む手術ってかなり怖い。


なんだか神の領域のような気もしますが慎重に研究を進めてほしいと思います。




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2006年07月16日

凄いダミ声だな、実際。

Tom Waitsのことを知ったのは映画の方が先だった。
ジムジャームッシュのdown by lowで、留置所の中で中指を立てる仕草が抜群に格好良いおやじが、ミュージシャンだと知り、CDを聞いてすっかり好きになってからもう何年たつだろう・・

得意な楽器は”ボキャブラリー”と言ってのけ、インタビューでは、質問を無視して延々と自分の靴の自慢話を続けるこの愛すべき酔っぱらいが、エピタフに移籍した時には少しびっくりしながらも『トムらしいねぇ』なんて妙に納得したのも憶えている。

2年前に発表した”Real Gone”では、ピアノすら弾かないで、
『これは立体派ファンクだ』なんて訳分かんないこと言ってたけど、
この人はもう、何やってもいいんじゃないかと思う。


気が向いたら映画に出たりして、なんでも好きにやって下さい。



ちょっと懐かしい映像を見ながらオレは今日も酒を飲むわけで・・・・・





カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月14日

bit Generation

bit Generations [ビットジェネレーションズ] BOUNDISH(バウンディッシュ)bit Generations [ビットジェネレーションズ] DIALHEX(ダイアルヘックス)bit Generations [ビットジェネレーションズ] dotstream(ドットストリーム)


「bit Generations[ビットジェネレーションズ] DIGIDRIVE (デジドライブ) + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック「bit Generations[ビットジェネレーションズ] Soundvoyager (サウンドボイジャー) + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック「bit Generations[ビットジェネレーションズ] ORBITAL (オービタル) + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック「bit Generations[ビットジェネレーションズ] COLORIS (カラリス) + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック



7月13日に任天堂から発売された「bit Generation」シリーズ

だれでも楽しめる直感的でシンプルなゲーム性もさることながら、
芸術的なビジュアルとサウンドでアーティスティックな作品になっている。

計7タイトル、各2000円。

紹介ムービーはこちら、

http://www.nintendo.co.jp/n08/bit_g/movie/index.html

最近ゲームをやらなくなったけど、これは見ているだけで楽しそう。
多分大人の購買層を狙ったのだろうが、
4月に渋谷でやっていた展示イベントでも興味をもって立ち止まる人が多かったそうで、意外と若い人がはまるのかもしれない。

オレは7月24日に発売される SERIES2の、
音だけをたよりに、画面を見ず、耳をすませて遊ぶ、『Soundvoyager』
が気になった。

画面を見ずにって・・・

bit Generation公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/n08/bit_g/index.html



カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2006年07月13日

Squarepusher Hello Everything

えー、今、知りました。

We are delighted to announce the new album from Squarepusher.

Hello Everything will be released on 16th October on Warp Records.

You can listen to a track from the album on the frontpage of this site now.


http://www.warprecords.com/


SquarepusherのNewアルバム,「Hello Everything」が10月16日にリリース。


The Modern Bass Guitarが、warpの公式サイトで聞けます。


こんな感じ・・・

tutututtututititbibibibibibttitukutukutukutitititititiititiitbyubyubyubi
bi----bi-------bi----------------du---------tukutuku
bobobibobobiba--bbobibobobibobi-----viiiiiiiiiiiiiibibibibib iiiiiiioi----
yuuuyuyutititititittktutktfgutkmkdimfkkdkimbikubiqyubiqyuititkikikiktiki
yuotyui-ntyui-nnnnnntukutukutukutukutitititikikikikiki
dilyui---nnnn diyui----------n
tikitikiboiboibopiboippppppppppppppipipipipbyaboyaboyaboya
jiyuijiyui----------------------------gugugugu
bu-bu-bu-bubuuububub-bi-
tikitikitkiidiyudiyudiyudiyu
tukutukutukutuku-------------------bilyo------------



凄ぇーーーーかっこえぇぇ!!!!!!!!!


カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月12日

A Scanner Darkly

米国で7月7日に公開された「A Scanner Darkly」





原作は、P.K.ディックの『暗闇のスキャナー』
P.Kディックのドラック体験を題材にした小説で、麻薬のおとり捜査館である主人公が、
ドラッグ中毒者であるもう一人の自分の監視を上司から命じられ、
ドラックにむしばまれながら自分で自分を監視する、といった重たいお話。

主演はキアヌ・リーブス、監督はリチャード・リンクレーター。
本当にキアヌはこうゆう作品がよく似う不思議な人だと思う。

映像は、まず実写で撮影し、それをトレースしてアニメーションにする、「ロトスコープ」とゆう手法を用いているそうで、普通のPowerMac G5で作られたそうだ。


一見メジャー作品のようだが、ベイエリアでも、サンフランシスコの1館でしか上映されていないらしい。


うーん、すごく見たい。

A SCANNER DARKLY公式サイト
http://wip.warnerbros.com/ascannerdarkly/

P.K Dick公式サイト
http://www.philipkdick.com/

原作はこちら、読むと軽く落ち込みます。

暗闇のスキャナー

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月09日

How can it feel, this wrong

ここんとこ最近、あれですねぇ

じめじめと雨が降っているし

雨がやめば止んだでまた蒸し暑いし

蒸し暑いと寝れないし

寝不足で目にクマはできるし

さらに食欲は無くなってくるし

食べないから体力は落ちてくるし

体力が無いからやる気出ないし

仕事やる気無いから金は全然無いし

金も無いのにガンガン酒は飲むし

飲み過ぎて頭ガンガンするし

煙草は値上がりしてるし

値上がりしたところでオレの本数減らないし

相変わらず人付き合いはめんどくさいし

それが原因で、身内には怒られっぱなしだし

どっかの国は何発もミサイルとばすし

日本の偉い人は、なんか的外れな事言ってるし

かといってオレにはなんにもできねぇし



あー夏、夏だねぇ



夏にそぐわない曲、その1

Portishead  ”Roads” この曲、オレはイントロからやられます




頭、痛ぇ・・・・






カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2006年07月05日

無駄話。

毎日蒸し暑い日が続く。
オレはクーラーが苦手なので、部屋の中はちょっとした温度になっている。
蒸し暑くてまったく寝れないので、近所のコンビニまで酒を買いに行く事にした。
寝れないからと言って、酒に頼るのは良くない習慣なのは十分解っているのだが、
睡眠不足も身体に悪いし、オレは昔から自分にだらしない性格なので しょうがないと思っている。

オレが住んでいる所は結構田舎なので、近所のコンビニといっても歩いて20分はかかるのだが、散歩には丁度良い距離だと思っている。
サンダルを履いて外に出ると、別に星が綺麗でも月が輝いてもいない、ただ蒸し暑いだけの普通の深夜だ。


鼻歌を歌いながらだらだらコンビニへと向かう。


コンビニに入ると他の商品には目もくれずにワインを手に取り、まっすぐレジへ向かう。
レジにはいつも居る25歳前後の店員がいて、彼は大変愛想が悪く、接客も機械的なのだが、店が暇な時にはいつも掃除ばかりしている真面目な奴で、オレは嫌いじゃない。
オレは機械的に金を請求され、彼から機械的にお釣りを受け取りコンビニを出る。


鼻歌を歌いながらだらだら家に帰る。
しばらくして気がつくと、鼻歌が独り言に変わっていて怖くなる。



家に着くとワインの栓をでかい音を立てて下品に開け、ロックグラスにざぶざぶ注ぐ。

今、そのワインを飲みながらこれを書いている。
なんの面白みもない。
只、鼻歌を歌いながらコンビニに行って、ぶつぶつ独り言を言いながら帰って来ただけ。


そん時歌ってた鼻歌。
THE STREET SLIDERS ー のら犬にさえなれない(笑)

ホット・メニュー ~ベスト・オブ・ストリート・スライダーズ
カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2006年07月03日

John Frusciante

John Frusciante




94年頃の映像のようだが、この頃のjohnは本当に酷かった。

それでもこの頃彼は何枚かの凄まじいソロアルバムを残している。
特に1枚目と2枚目は大変な作品で、オレは未だに1枚を最初から最後まで通して聞く事が出来ない。


ソロ2作目のSmile From the Streets You Holdには、johnのモノクロ写真が映っていて、johnが髪を七三に分けうつむいているだけの写真なのだが、当時の、孤独で、うつろな彼の状態がよく表れているうすら寒い写真だった。

RHCP復帰直後のcalifornicationnには、少し太ったjohnがメンバーと抱き合っている写真があって、オレは、ケツにタオルを突っ込んでjohnの肩を抱くフリーのバカな後ろ姿を見ながら少し泣いたのを憶えている。

今の元気そうなjohnの映像を見ると、本当にこのバンドはいいバンドだなぁとしみじみ思ってしまう。

元気な彼はこちらでどうぞ、Red Hot Chili Peppers - Tell Me Baby



Niandra Lades and Usually Just a T-ShirtSmile From the Streets You Hold




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (3) トラックバック (0)

Pirate of 4inches who got drunk 2006年07月
Pirate of 4inches who got drunk 2006年07月
Sponsored Link

Recent Tracks


最新の記事
過去ログ

Add me to Skype

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。