--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年02月28日

凄い発明




全自動ですよ。
スポンサーサイト
カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月25日

凄い発見

* 猫は常に足を下にして着地するものとする。
* バターを塗ったトーストは常にバターを塗った面を下にして着地するものとす 
 る

この2つの規則が常に正しいと仮定した場合、バターを塗ったトーストを(バターを塗った面を上にして)猫の背中へくくり付け、ある高さから猫を落としたらどうなるか・・・・



反重力、永久機関の大発見(笑

wikipediaを見ていて見つけたのですが、バター猫のパラドックスというそうです。
Wikipedia バター猫のパラドックス

猫が災難・・・(笑

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年02月24日

Explosions in the Sky

All of a Sudden I Miss Everyone All of a Sudden I Miss Everyone
Explosions in the Sky (2007/02/19)
Bella Union
この商品の詳細を見る


Explosions in the SkyのNEWアルバム、All of a Sudden I Miss Everyoneから

6曲目のSo Long, Lonesomeを使った可愛らしいクリップ。

沢山の気球達がまるで生きているかのように空の上で踊ります。

アルバムの方は1曲目の出だしからカタルシスを感じさせる凄いアルバム。
幾重にも織り重なるギターサウンドがドラマティックな展開を見せる3曲目の
It's Natural to Be Afraidはヴォリュームを全開にして聞いて欲しいと思います。





カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月24日

The World is Our _____ This Will Destroy You

Young Mountain Young Mountain
This Will Destroy You (2006/06/06)
Magic Bullet
この商品の詳細を見る


もうあと数分で世界が終わる。

おそらく事務的な物になるであろう神の裁きを待ちながら、

巨大な熊の背中に乗ってこの世の果てを目指し旅をしている。

もうすでに自分以外には誰もいなくて、過去の記憶も断片的にしか思い出せない。

長い間続いた旅もそろそろ終わりが近づいている。

後少しでこの世の果てに辿り着くことが出来るかもしれない。

耳の後ろを何か暖かいものが通り過ぎたような気がした。

少しずつ周りの景色が純白に包まれ始めている。

突然、凄まじい轟音と共に眩しい光が降り注ぎはじめ、

強烈に押し寄せる多幸感の波に気が狂いそうになる。

圧倒的な音と光の量に、やがて訪れるはずの静寂をどうしても受け入れることができない。

巨大な熊の咆哮が始まる。

目の奥である映像が浮かび、何かに気がついたその瞬間。

神はいきなり手元にある最後のスイッチを切った。




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年02月23日

窒素ガスが入っているそうです。

有名なんですがオレの好きなコピペがあります。


アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。

これではボールペンを持って行っても役に立たない。

NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。

その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!

一方ロシアは鉛筆を使った。


このジョークには2つの解釈があるらしく、多額の費用をかけて無駄な研究をしたアメリカを皮肉ったものと、実際に宇宙空間で鉛筆を使うと、鉛筆の芯や粉が精密な機器に入り込み誤作動を引き起こし、こういった小さな所に配慮しなかったロシアが宇宙開発競争で敗れたというものだそうです。

個人的に前者の解釈が気に入っているのですが、当時実際に特殊な環境で使用出来るボールペンの開発はされていたらしく、Fisher 社という所が100万ドル以上の巨費を投じて開発し、ロシアのソユーズでも使用されたそうです。


Fisher スペースペン アストロノート AG-7 Fisher スペースペン アストロノート AG-7
()
Fisher Products
この商品の詳細を見る



http://www.a-diamond.co.jp/fisher/about/index.htm

上向きでも水中でも、-50~200℃においてもスムースに書けるそうです。

オレは特殊な環境にいないので特に欲しくありませんが、近々宇宙旅行を計画されている方におすすめしたいと思います。

オレ当分宇宙には行けそうにないのでもう一個の有名なコピペを・・・

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」



カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年02月21日

海にいきてえな

寒い冬の夜に気分良く酔っぱらっていて、もう少し飲みたい時に
酒を切らした時ほど絶望的な気分になることはない。

オレの家は結構田舎にあるので近所のコンビニまで結構ある。
散歩は嫌いじゃないのだが、もうあらかた酔っぱらってナメクジみたいになっているし、何しろ寒い。

このままベットに入って大人しく寝てしまうという選択肢もあるのだが、
もう飲めないとなるとますます飲みたくなってしまうもので、見もしないテレビをつけてみたり、ネットの世界で定着しているoとrとzのポーズを部屋でリアルに再現して気を紛らわしてみても事態が好転する訳がなく、
結局「明日のためにオレはもう少し飲まないといけないはずだ」と訳の分からない義務感にかられて家を出る。

外は想像していたより寒くなかった。
星もあまり出ていない。
家々の電気も消えていて真っ暗だった。

オレのipodは第三世代のおじいちゃんで未だ現役で頑張っている。
再生をタッチするとipodの青い画面が綺麗だったのでしばらくゆらして遊んでいたのだがすぐに馬鹿馬鹿しくなってChosen Lords を爆音にして歩き始る。

近所にオレが近くを通ると必ず吠える犬がいるのだが、AFXがビョビョいっているので全く気にならない。

犬に軽く手を振って道のど真ん中を歩く。


コンビニに着くと他の商品には目もくれずに一番安いワインを手に取りレジへと向かう。
レジにはいつもの店員がいてオレの他に客はいなかった。
田舎町で、こんな時間に一人で酒を買いにくるオレはかなり変な奴だと思われているはずに違いないと思いながら店を出る。

道のど真ん中を歩く。
外は真っ暗で人はだれもいない。
ヘッドフォンから爆音が聞こえている。

少し不思議な気分になって
オレは以前お袋が言っていたことを思い出していた。
小さな頃、オレはちょっと目を離すとすぐどこかに行ってしまう子供だったらしく、何度も行方不明になって色々な人に迷惑を掛けたそうだ。
何キロも離れた所で発見されてどうやって独りでこんな所まで来たんだろうと首を傾げたことが何度もあったそうだ。

当時の事はまったく憶えていないし、何を考えていたのかも想像出来ない。
小さな頃に、見るものすべてが新鮮で驚きに満ちた風景はもう見えない。

立ち止まると、いつもの曲がり角にカーブミラーがあって真ん中にぼんやりオレが写っていた。

少し寄り道して帰ろうかと思ったが、翌日後悔しそうな気がしていつもの道を通って真っすぐに帰った。

家に帰ってから寄り道しなかった事を後悔したが、酔っぱらってすぐに忘れた。





カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2007年02月18日

ろけっと! ろけっと!!

日本時間18日午前8時1分にNASAがオーロラ発生の謎を解明するために磁気圏観測衛星「テミス」を搭載したデルタ2ロケットを、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げたそうです。

http://www.nasa.gov/mission_pages/themis/main/index.html

オーロラは、太陽から吹き出す電気を帯びた粒子が地球の磁気圏内部で北極や南極上空の大気の粒子と衝突して発光する現象だそうです。

オーロラのさまざまな色や発光、揺らめきは「サブストーム」と呼ばれる磁気圏の乱れが引き金になっていて、このサブストームがどこでどのように起こるのかは、長い間の謎だったそうです。

磁気圏観測衛星「テミス」は5つの衛星からなり、高度約6万―20万キロの軌道に配置して地球の磁気圏を観測するんだそうです。

個人的に、この世を去った魂が天へ登って行く光の道だとか、精霊が地上に話しかけているとか、そんな感じで納得しちゃったほうが幸せな感じがしちゃうんですが
そういうわけにはいかないんでしょうか・・・




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月18日

何もしていないから、なにも変わらないんだけど

気がつくと口の周りが涎まみれになっている。

どうやら2時間程寝てしまったようだ。

テーブルの上のグラスが倒れて、ワインが少し溢れていた。

つまらない事で起きてしまったことを後悔しながら、もう一回寝ようと試みる。

ゆっくり目を開ける。

すっかり目が覚めてしまったようだ。

あたりまえなのだが、寝れない時は寝ない事にしている。

読みかけの本を引っ張り出してきて読み始めるものの、
暫くしてから文字を目で追っているだけだという事に気がついた。

さっきまで変な姿勢で寝ていたから、首の辺りが少し痛い。

深夜になって雨が降り始めたようだ。
この時期の雨は嬉しい、少しずつ暖かくなってきた気がする。

一定のリズムで地面を打つ雨音を聞きながら、暫く何もせずにぼんやりしていた。

少しだけ気分が良くなってきたので、飲みかけだったワインを飲んでしまうことにした。

腹が減ったので首をさすりながら適当につまみを作る。
オレはすごく面倒くさがりなのに、不思議と料理は苦にならない。

つまみを作りながらワインを飲んでいるとますます楽しくなってきた。

そういえば家の周りをうろついていた猫もずいぶん大きくなった。
奴も寒い間は色々大変だったはず、もうすぐ暖かくなる、春がやってくる。

お腹が一杯になってワインで酔っぱらうと少し眠くなって来た。


気がつくと口の周りが涎まみれになっている。




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2007年02月15日

フリージア

ぶらりと本屋に行ったらフリージアの8巻が出ていた。

フリージア 8 (8) フリージア 8 (8)
松本 次郎 (2007/01/30)
小学館
この商品の詳細を見る

フリージアについては以前こちらにも書いたのですが、

いかれた登場人物達が、いかれた時代設定の中で、
殺し合ったり逃げ回ったりするいかれた物語です。

絵のタッチが独特なので好き嫌いが分かれる作品かもしれませんが、
最近まったく漫画を読まなくなったオレが唯一単行本を買って追いかけている漫画です。

7巻からの流れが気になっていたので楽しみにしていました。

緊迫した状況の中、全くちがう事を考えている叶くんは相変わらず。
登場人物どうしいっこうに噛み合わないまま物語が進行するのも従来どうり。
岩尾と寺島の矛盾だらけのやりとりが秀逸でした。

15分位で読み終わってしまったので、もう一回1巻から読み直しています。

そういえばこの作品、映画になったんですね。
映画には全く興味がないんだよなぁ・・・・・

9巻の発売が待たれます。

松本次郎HP

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2007年02月15日

Last.tv

last.fm+youtube

Last.tv

Last.tvはLast.fmの再生履歴を参照して、ユーザーの好みであろう動画をYoutubeから探してきて連続再生、というサービスです。

ある程度の再生履歴がある方なら誰でも使うことができるみたい。

ためしに自分のユーザー名で試してみたら結構好みのアーティストが
引っかかってきました。

たまになんだこりゃ、なんてのも流れますが、
気に入らなかったらnextボタンを押せばOK

画面上部からyoutubeに飛ぶ事も出来ます。

見逃している動画や新しい発見があるかも。

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月14日

last.fm

last.fmにこんなtoolが・・・



新しい機能もいくつか追加されているみたい。

最近、重たかったのはこのせいだったのか・・


ていうかまだ重いけど・・・・・




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2007年02月14日

Beer Goggles効果

アルコールを体内に摂取することにより、たいして興味のなかったはずの異性が
魅力的に感じてしまう現象があります。

酔った勢いで思い出すだけで叫びたくなるような失敗をしてしまった人も少なくないはず。

この現象をBeer Goggles効果(ビール・ゴーグル効果)と呼ぶらしいのですが、
マンチェスター大学の研究者が算出した公式によると、

β = (An)^2 × d(S+1) / √L × (Vo)^2  になるそうです。

Anはアルコール消費量、

Sはアルコールを摂取する場所の空気の汚れ

Lは対象女性に対する照明量

Voは視力、

dは女性との距離だそうです。

BBC Beer Goggles effect explained

βの値が51以上で Beer Goggles効果の影響をうけ、100を越えるとそれはもう大変なことになるそうです。

この公式を理解した所でなんの対策にもならないとはおもいますが、
飲んでいる時に、側にいる異性がなんとなく綺麗に見えて来たらあなたはもう酔っぱらっているのかもしれません。

こういった一見馬鹿馬鹿しく思えるようなことに大真面目にとりくむ研究者を
オレは心から尊敬します。



この女性はもともと綺麗な人だと思うのですが、オレは酔っぱらってんのかな・・




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2007年02月13日

Swim



少し考えさせられる動画でした。

そういえば人って生まれる前から競争してたんだなぁ・・

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月10日

Four Tet

えー世間では暖冬とかいってますが、かたくなにストーブの前から動こうとしない毎日です。

例年に比べてどうだろうが、寒いもんは寒いんだよ・・・・

・・さて、今日ご紹介したいのは、Four Tet の3作目Roundsです。

Rounds Rounds
Four Tet (2003/05/06)
Domino
この商品の詳細を見る



Four Tetは「フォークトロニカ」と括られているらしいです。
生音を使ったオーガニックなエレクトロニカといった意味なんでしょうか。
本当にこういった言葉を良く思いつくものだと思います。

全体的に湿っぽい感じなのですが、とにかく美しいアルバムです。

中でも
ベルやチャイムを使ったメロディラインが不思議な気分にさせてくれるUnspoken
憂鬱なメロディを引き裂くノイズがたまらなくかっこいいShe Moves She、
美しい中にも緊迫したムードを醸し出すSpirit Fingers、
この3曲はぼんやり電車に乗りながら何度も聴いています。

My Angel Rocks Back & Forthの変なクリップを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=xvO7WYHlg5A

少しだけ暖かくなって来たと思いたい夕方の散歩のお供にもしくは、
切ないんだけど温かい、そんな気分になりたい方に、ぜひおすすめします。


カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月06日

reactable



http://mtg.upf.edu/reactable/


次世代のシンセサイザー・インターフェースだそうです。
青く光るテーブルの上に、様々なブロックを置いて音を出し、 また、そのブロックを回転させたり等、多種多様の動きで音を変えることが出来るようです。

詳しい仕組みは良く解りませんが、なんだか直感的で凄いインターフェイスです。

これは何も考えずにいじっているだけで楽しそう。



カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2007年02月06日

Clark

Clarkの最新アルバム「Body Riddle」からのvideo clip
Herr Barr


Ted


Tedのclipの制作は、NYのスタジオ"1st Avenue Machine"。

こちらでいくつかの作品が見れます。
http://www.1stavemachine.com/



カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

Pirate of 4inches who got drunk 2007年02月
Pirate of 4inches who got drunk 2007年02月
Sponsored Link

Recent Tracks


最新の記事
過去ログ

Add me to Skype

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。