FC2ブログ

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月25日

Codex Seraphinianus

架空平行世界の百科事典「コデックス・セラフィニアヌス」(Codex Seraphinianus)がFlickr上で全ページ公開されています。

「コデックス・セラフィニアヌス」は架空の人工言語で書かれており、いまだに正確には解読されていないコメントや説明、そして奇妙な図版で構成されており、水彩で描かれた奇妙な挿絵が挿入されています。

この本の作者はイタリアのグラフィック・デザイナーであり、建築家でもあるルイージ・セラフィーニという方だそうです。

彼が1981年に出版した当時の原本は、世の中に数多くある有名な奇書の中でも実際に現存する数少ないものの一つとして非常に高価な値段で取引されているそうです。

みんな、不思議なものが大好きなんだな。

文章はまったく読めないし、奇妙な動植物や建築物が描かれている挿絵も意味不明なものばかりなのですが、訳の分からない綺麗な挿絵を見ながらあれこれ考えているだけで相当時間がつぶれます。

ナンダコリャ その1

ナンダコリャ その2

ナンダコリャ その3

・・・・・・・・・・

すべての鑑賞はこちらから、
CODEX - a photoset on Flickr

これと似たもので、というかこっちの方が古いのですが、
1912年ローマ近郊のモンドラゴーネ寺院で発見されたといわれている
未だに解読されていないヴォイニッチ手稿も凄いと思います。

Wikipedia ヴォイニッチ手稿

ヴォイニッチ手稿はでっち上げ説も唱えられているそうですが、
これがでっち上げられたものだとしたら、それはそれで凄い想像力とエネルギーだと思うのですが・・・


スポンサーサイト
カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

コメント

はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のツール情報サイトで、
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

該当記事は
http://blog.livedoor.jp/cris777/archives/53375185.html
です。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://rattail.blog64.fc2.com/tb.php/170-3367b672

Pirate of 4inches who got drunk Codex Seraphinianus
Pirate of 4inches who got drunk Codex Seraphinianus
Sponsored Link

Recent Tracks


最新の記事
過去ログ

Add me to Skype

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。