--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月20日






       春雨の

           音を遊びし飲む酒の


                雲の隙間に覗く月かな






カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2008年04月17日

RDJ @ Warehouse Project

昨年マンチェスターで開催されたWarehouse Project というイベントでのRichard D Jamesのパフォーマンスらしいのですが・・




てか なにこのひとたち 笑

もっと見たい人はYouTubeで「Aphex Twin @ The Warehouse Project」で検索してみて下さい。




カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

2008年04月16日

The Tuss



The Tussの曲と映画「ざくろの色」をマッシュした動画です。

The Tussは昨年Rephlex からひょっこりデビューした謎のユニットで、プロフィールも写真もあまり公表されていないので詳細は明らかでないのですが、
活動歴が浅いとは思えないクオリティの高さと余裕のあるサウンドに、あのAFX御大のプロジェクトじゃないのかとの噂もささやかれています。

確かに独特のいかがわしさと切れのある凄みに例のキラースマイルを思い出さないでもないのですが・・ってこれ間違いなくリチャードでしょ

ちがうかな、まぁいいや・・

The Tussのmy spase
http://www.myspace.com/thetussofficial

ざくろの色という映画は1968年にセルゲイ・パラジャーノフという人が、18世紀アルメニアの詩人サヤト・ノヴァをモチーフにsayat novaという名前で製作した作品らしいのですが、
完成した当時ウクライナ政府に反ソ連的であると糾弾された為、
現在流通している物は別の監督に再編集が施された作品でオリジナルのフィルムはアルメニアのどこかに散逸してしまっているようです。

まるで絵のような構図の精密さと、どこか血の匂いがするような生々しい感じが
アレハンドロ・ホドロフスキーの作品を思い出させてオリジナルを見てみたくなったのですが、
この動画をUPした人は多分、
The Tussのいかがわしさと「ざくろの色」のどこか猥雑な感じを同居させたかったんじゃないのかなと思いました。

ちがうかな、まぁいいや・・

Rushup EdgeRushup Edge
(2007/07/10)
The Tuss

商品詳細を見る

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2008年04月15日

Quaristice

QuaristiceQuaristice
(2008/03/04)
Autechre

商品詳細を見る


Autechreで一番好きなアルバムはConfield で今でもたまに聞いているのですが

Autechreを聞く時にはさあっAutechreを聞くぞって思って聞きます

Autechreを聞いている時のテンションは二通りあって

Autechreを聞いていると段々気持ちが良くなって眠くなる時と

Autechreを聞いていて不安な気分になる時の二通りです

Autechreに持っている印象は「なんだこりゃ!」で

Autechreに限らず「なんだこりゃ!」って音楽は好きなのですが

Autechreの「なんだこりゃ」は特別な気がします

Autechreはなんだか音が記号になって鼓膜に当たるような気になります

Autechreの新しいアルバムを聞いているのですが

Autechreの新しいアルバムQuaristice は

Autechreの数学的な感じは相変わらずで

Autechreの「なんだこりゃ」は「なんだこりゃ」なんですが

Autechreの「なんだこりゃ」はもっと違う「なんだこりゃ」だったかなって

Autechreの「なんだこりゃ」にオレが慣れちゃったのかなって

Autechreの新しいアルバムQuaristice を聞きながら思うのでした

Autechreはそれでもやっぱり気持ちがいいな・・・・・・

--・- - ・・・- ・-・  ・-・-- -・-・・ -・・- --・-・ -・ 



カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2008年04月13日

樹齢8000年、世界最古の生きた樹木がスウェーデンで発見

スウェーデン西部の山林で樹齢が8000年の世界最古の生きた樹木が発見されたそうです

発見を行ったのはスウェーデンのウメア大学のリーフ・クルマン教授の研究グループで、スウェーデン西部とノルウェーとの国境付近の非常に気象条件が厳しい山岳地方でヨーロッパトウヒという種類の樹木だそうです。

放射性同位体を用いた年代測定検査を実施したそうなのですが放射性同位体ってなんですか?

Wikipediaには、『放射性同位体(ほうしゃせいどういたい)とは、構造が不安定なため時間とともに放射性崩壊していく原子(原子核)である。』って書いてありました、全然分かりません。

ともあれ、樹齢が4000年の屋久島の縄文杉より4000年もご老体なわけで凄い発見だと思います。

研究グループでは今回発見されたこの世界最古の樹木の保存を優先するために、この樹木の場所や写真などのデータは公開していないそうですが、本当にそっとしておいてもらいたいものです。

8000年なんて気の遠くなるような時間を静かに生きてきたんだなぁ・・

でかい木の側は変に落ち着きます
近所の神社にも割とご老体がいたから今度行ってみようと思いました

カテゴリ : 雑記記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Pirate of 4inches who got drunk 雑記
Pirate of 4inches who got drunk 雑記
Sponsored Link

Recent Tracks


最新の記事
過去ログ

Add me to Skype

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。